たくさん撮りためた写真を整理して、フォトギャラリーを作成しててみましょう。 simpler2-69 基本色 black 教室試作サイト http://c15.seta.red 2016-8-27

....

テーマ「Mesocolumn」1.6.4の使い方

2015年07月05日

ワードプレスの無料テーマ「Mesoclumn」メゾカラムの使い方のついて簡単にご紹介します。
「Mesoclumn」は個人のブログやコミュニティサイト、また会社用のホームページでも幅広く応用できるテーマです。
あまりカスタマイズしなくても日本語のビジネスサイトとしても十分利用できると思います。
是非試してみてください。

1.テーマをダウンロードしてみよう

「Mesoclumn」のサイトにアクセスして最新版のテーマ1.6.4.1をダウンロードします。
meso-dl
はじめにテーマファイルをダウンロードします。テーマ配布ページの右上にある【DOWNLOAD THIS THEME】ボタンをクリックすると、すぐにテーマファイル「mesocolumn-1.6.4.1.zip」のダウンロードが開始されます。
ダウンロードしたzipファイルを今度はWordPressのダッシュボード(管理画面)からインストールします。
WordPress ダッシュボード > テーマ > 新規追加 > アップロード
インストールして有効化まで完了したら、サイトを表示させてみましょう。

2.インストールして基本設定

テーマの紹介はテーマタンクさんというサイトが詳しく紹介してくれているので、そちらを参照してください。
当サイトおすすめ。満を持して登場の本格派WP無料テーマ「Mesocolumn」
このサイトの表示に習って作業すればで導入からセッティングまでできると思います。
ここでは、全体の概要を把握するためテーマオプションの項目と設定方法についてコンパクトにまとめました。

3.テーマオプションを見てみよう

このテーマの特長は、トップページにスライドショーを設置できたり、ページテンプレートが全幅も含めて4種類用意されていたり、他にも盛りだくさんの機能があります。
また、専用のウイジェットも3つ追加されます。この中でも、特に「mesocolumn|Featured Category」というウイジェットを使用すると、カテゴリー別または新着記事などをサムネイル画像つきで表示してくれるので便利です。また、右側にある「Tabbed Sidebar」というエリアにウイジェットを設置すると、ひとつのボックスにタブメニューがついたサイドバーの領域を設置することができます。
シンプルに、見た目とユーザビリティに優れたブログを構築したいだけなら、別途プラグインを導入する必要も無く、cssやhtmlに詳しくなくて も、もりだくさんの機能を使って好きなようにカスタマイズでき、とってもフレキシブルな高機能なテーマです。

4.テーマのカスタマイズ

1. Header Settings ヘッダーのカスタマイズ

ヘッダーをカスタマイズする箇所は2つあります。一つは「Theme Options」から、もう一つは「カスタムヘッダー」メニューから。
①ダッシュボード > 外観 > Theme Options

Site Logo

ロゴをアップロードすることができます。大きさは適度に調整。使用するとテキストのタイトルとディスクリプションが見えなくなります。

Favourite Icon

ファビコンをアップロードすることができます。正方形のこと。大きさは調整してくれます。
②ダッシュボード > 外観 > ヘッダー
こちらではヘッダー画像を設定することができます。背景画像的に使用するケースが多いと思われます。
しかし、シンプルなデザインにしたい場合はカスタムヘッダーの設定は不要かもしれません。
③背景(バックグラウンド)のカスタマイズ
ダッシュボード > 外観 > 背景
背景画像、背景色の変更もできます。

2. Typography Settings フォントオプション

ダッシュボード > 外観 > Theme Options
各パーツ(エリア)ごとにフォントを設定することができます。
①Body Font 本文
②Headline and Title Font 見出し
③Navigation Font メニュー
600種類以上のGoogleフォントなどがあり、プレビュー画面で確認しながら選ぶことができます。
残念ながらというか、当然のことながらというか、日本語フォントは入っていません。

3. Designs Settings カラーオプション

ダッシュボード > 外観 > Theme Options
カラーオプションとして、メインとなる
①Color Scheme テーマカラー
ブログやサイドバーのタイトル文字(デフォルトは空色)
②Top Navigation トップメニューのカラー
上段のメニューの背景色(デフォルトはオレンジ)
③Bottom Footer フッターカラーを変更することができます。
フッターの背景色(デフォルトは空色)

4. Posts Settings 投稿設定

ダッシュボード > 外観 > Theme Options
投稿ページの設定をします。関連記事やパンくずリスト、著者情報の表示などもこちらで設定します。
下から2番目のアーカイブページのヘッダーを表示するに設定した場合(Enable)は、見出しが「Archives For 9月,2013」といったように、それぞれのアーカイブページで表示されます。見栄えの問題とSEO的な問題ですね。

5. Shop Settings ショップ設定

テーマのデモサイトでは使われていませんが、ショップ機能も用意されています。「Enable」で使用可になります。
オプションで、woocommerceやjigoshopプラグインがインストールされている場合のみ使えます。

6. Slider Settings スライドショー設定

テーマのデモサイトでは使われていませんが、スライドショーの表示機能も用意されています。本当に機能が豊富なテーマです。

ダッシュボード > 外観 > Theme Options

スライドショーの使用有無を選んで、カテゴリID、スライド数、投稿ID(タイプ)を入力していきます。

カテゴリIDを調べるには、カテゴリの作成・編集ページで「カテゴリ名」にマウスオーバーし、ブラウザの左下に表示されるリンクURLで確認します。「tag_ID=●●」という部分がありますので、●●に入っている数字がカテゴリIDです。

ダッシュボード > 投稿 > カテゴリ

7. Home Settings トップページのレイアウト変更

トップページにブログ形式で表示する場合にいろいろなレイアウト設定ができます。

Choose Your Featured Category Layout特集カテゴリのレイアウトスタイルを選択します

Enable RSS Feed Link 各カテゴリでRSSフィードリンクを有効または無効にするかを選択します

デフォルトのままですと下の画像のとおり、通常のブログのように記事が並びます。

設定を変更すれば、デモサイトのようにカテゴリごと2カラムで表示することもできます。

ダッシュボード > 外観 > Theme Options

「Featured Category(特集カテゴリ)」というものを設定します。

サイトのトップページの1番左上が「Home Featured Category 1」で、その右隣が「Category 2」です。それぞれでカテゴリと表示記事数を選択します。

8. Advertisement Settings 広告挿入、コード追加

ダッシュボード > 外観 > Theme Options

アフィリエイトやアドセンス用の広告コードを簡単に設定することもできます。

ヘッダー広告、サイドバー、記事上下など、広告掲載用スペースが豊富にあります。

9. メニューのカスタマイズ

(1)ダッシュボード > 外観 > メニュー

「Mesocolumn」には3つのメニューがあります。

①最上部のトップメニュー、

②タイトル下に表示されるプライマリメニュー(メインメニュー)、

③フッターに表示されるフッターメニュー。

メニューの設置方法は通常通りですが、オプションで色を変更することができます。

まずはそれぞれのメニューの内容を編集します。トップメニューには「固定ページ」を指定します。

メインメニューには「投稿カテゴリ」を設定しました。「Primary Menu」という位置を選びます。

(2)ダッシュボード > Theme Options > Category Color(上部タブ)

メインメニュー(プライマリメニュー)に、投稿カテゴリを指定している場合に設定することができるカラーオプションです。

(3)ダッシュボード > Theme Options > Pages Color(上部タブ)

こちらはメインメニュー(プライマリメニュー)に固定ページを指定しているときに使うことができます。

10. ウィジェットのカスタマイズ

続いてウィジェットエリアのサイドバーとフッターの二つを設定します。

(1)ダッシュボード > 外観 > ウィジェット

「Sidebar Tabbed widget area(サイドバー・タブウィジェットエリア)」というものが用意されており、サイドバーの一番上で「タブメニュー」を使うことが出来ます。

独自ウィジェットパーツも用意されています。

「Featured Category」というウィジェットパーツを使えば、カテゴリごとのサムネイル付き記事一覧を表示させることができます。

サムネイル(アイキャッチ画像)が入ると、ページ遷移が促進されPVが増えます。

WordPress標準のウィジェットパーツ「最近の投稿」では、サムネイルが表示されません。

投稿者:admin246tt カテゴリー: ワードプレス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA